フリーランスカードローン

フリーランス(自営業者・個人事業主)のためのカードローン特集

フリーランスのカードローン申込み。審査は通るのか?

フリーランスでもカードは作れます。

女性

しかし、はっきり言いますと会社員の方と比べると難しいです。
貸す側からすると、毎月決まった収入のある会社員の方が「返済能力がある」という評価になることが多いのです。
例えあなたが、フリーで稼ぐ実力があったとしても収入が安定して継続するという証明ができなければいけません。
逆に言えば、安定して収入があることを証明できればカードローンの審査に通る可能性があります。
当サイトを最後まで読んで、賢い方法で申込みをするようにしてください。

フリーランスが申し込むべきカードローンはこれだ!

【プロミス】実質年率『4.5〜17.8%!』 審査は最短30分♪

実質年率

融資可能額

ポイント

詳細

4.5%〜17.8%

1〜500万円

無利息サービスあり(※)

公式HP

※詳細はプロミス公式サイトをご確認ください。

 

カードローンを申し込むならどの会社がいいのだろう?

金利が低いと審査が厳しくなる?

返済能力の信用がある人に融資をするのと、そうでないのとでは貸す側としてはよりリスクが少ない返済能力に信用がある人に対して、低金利で積極的に融資をすることができるのです。
ですが、融資をする側もフリーランスの方などにも借りてもらわなければいけません。
金利が多少あがるものの、安定した収入があることを証明できれば審査に通る可能性はあります。
安定が約束されているサラリーマンが減ってきているなかで、返済能力が約束されている人を相手にしているだけでは、融資する相手がどんどん減ってしまいます。
ですからフリーランスや自営業者にとっても、融資を受けるチャンスが広がっていると考えるべきでしょう。

借りるなら金利が低すぎず高すぎない業者を!

 

カードローン申込む時の注意点

3社以上に申し込むのはNG!

どうしても融資を受けたいとき、審査が通る確率をあげるため複数のキャッシングに申し込む方がいますが、これはやめた方がよいです。
同時に申し込んでしまうと、それだけでブラックリストに載ってしまう可能性があります。
候補を絞って、できれば1社ずつ審査をするようにしてください。もし審査に落ちてしまってもすぐに次に申し込まずに間をあけることが賢明です。

 

借りた資金の使用目的について

フリーランスの方が借入する場合、資金の使用目的に事業資金と明記することは避けましょう。
レジャー費用、買い物費用としておくことが無難です。
どうしても事業費用として借入する場合は、個人向けのカードローンではなく事業者向けのカードローンがありますのでそちらを検討してみましょう。

 

金利と返済

多くのカードローンは実質年率が約4%〜20%弱と幅があります。
フリーランスの方で初めて申込みをする方は、高い率になると思っていた方が良いです。
これは、借入をし返済をしたという実績を重ねることであなたに信用がついてきます。
そうすると融資可能額が増額されたり、金利が下がったりすることがあります。
フリーランスの方は、はじめはみんな高い金利です。
融資を受けて早めに返済していくことが継続してカードローンと付き合っていくコツです。

無利息期間が利用できるプロミスをおすすめします!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)

プロミスのカードローンは、無利息期間が利用できることです。
まだ、頼れるカードをお持ちでないフリーランスの方は少なめの額を借入し、無利息期間のうちに返済することでリスクを背負わずにキャッシングの信用をあげることができます。
少額の希望で審査をし、カードを作り少しずつ利用と返済をすることで実績を築き本当に必要なときに融資枠の増額や金利が低い条件で借入できる準備をしておくことも、フリーランスとして活躍していく一つの方法です。

 

>>プロミスのお申し込みはこちら

審査に有利なフリーランスとは?

植物

自営業者は、一般的にキャッシングやカードローンの審査に不利とされています。
それは、金融機関の審査は収入の安定と社会的信用を重視しているからなのです。
毎月決まった収入がある公務員、会社員と比べ、アルバイト、パート、派遣、自営業などは審査の評価は低くなってしまうのは仕方がありません。
しかも、自営業者は廃業の可能性や、毎月の収入が稼ぎによるため、アルバイトよりも評価が低い場合もあるくらいなのです。
ですが、自営業者と言っても様々な業種があり、中には店舗を構え人を雇い長年継続的に商売を続けている自営業者も存在します。
この場合は、収入の安定や社会的信用度において会社員と比べても遜色が無いと思われます。

 

これからフリーランスへ転向する方へ

現在は会社に努めていて、今後独立開業を考えている方は、会社員であるうちにカードローンへ申込をしてカードを所持しておくことをおすすめします。
事業の継続年数も審査に関わってきますので独立開業したばかりでは審査に通ることは難しいのです。
また開業時や開業後間もないあいだは、予測していない出費に見舞われることも十分考えられますので、そういった事態に対応できるようにカードを1枚もっておくことは非常に有効です。