カードローンについて|フリーランスのカードローン審査

カードローンとキャッシングの違い

まだカードローンと、キャッシングの違いが判らない人たちがいます。そういう人たちは、カードローンとキャッシング、ほぼ同じという理解度で構わないです。以前は、カードローンとキャッシングは同じでした。しかし、段々とお互いが似通ってきたという感じです。実際に現在、銀行が消費者金融を抱えるという事態が起こって...

≫続きを読む

大型ローンからカードローンの発想へ

なぜ、銀行系のカードローンが必要なのでしょうか。 それは、銀行系で直接的な意味でキャッシングがないからです。実際に間接的意味では、銀行の子会社である消費者金融においてキャッシングを抱えているものの全く別物です。銀行も消費者金融のキャッシングのようなもので稼ぐ発想は当然ある筈です。銀行こそ、お金のデパ...

≫続きを読む

カードローンの督促行為は恐い?

借金は怖いものというイメージ銀行系のカードローンを万が一遅れたら、カードローンの督促も結構厳しいものでしょうか。カードローン、キャッシング、やっぱり確率的には延滞してしまうことも起こり得ることなのです。私達は督促の恐怖とは、消費者金融のキャッシングから起こってきます。実際に昔の消費者金融のキャッシン...

≫続きを読む

なぜカードローンを使わないの?

なぜ、みなさんカードローンを使うのでしょうか。実際に、カードローンを使わないという人はカードローンを一切利用しません。まず、大型ローンと言うものがありますが、大型ローンとカードローンの用途は違います。大型ローンを良しとしている人が、カードローンの使用をしません。大型ローンとカードローンは意味が違いま...

≫続きを読む

消費者金融の時代は終わり、カードローンの時代へ

消費者金融のキャッシングにはいろいろ問題があります。いろいろ問題あって倒産しかかっている状態を危うく銀行に救われた形の消費者金融もあります。実際に、今存在する消費者金融は昔の消費者金融ではありません。まず、何が消費者金融を変えたのかと言えば、厳しい督促行為の禁止です。厳しい督促行為を禁止されたゆえ、...

≫続きを読む

銀行系カードローンの抱える破産問題

借金の苦しみから救われる自己破産消費者金融のキャッシング、銀行系のカードローン。銀行系のカードローンでも自己破産の問題は無関係ではありません。若い世代の人たちなら自己破産はやり得と思っている人たちも多いのです。実際に若い世代の人たちにそう思われているのなら自己破産のあり方は果たして正しいのでしょうか...

≫続きを読む

カードローンにブラックは存在するのか

カードローンを借り入れしたいけど、審査が厳しいからな・・・と思っている人が多いのです。実際に、審査と銀行系のカードローンは無関係ではありません。そして、銀行系のカードローンの方が、消費者金融のキャッシングよりも審査が若干厳しいのも事実です。ブラックかもしれないと恐怖感抱いている人もいます。ここではブ...

≫続きを読む

カードローンの信用情報機関とは?

昔は信用情報機関の情報開示ってなかなか銀行や消費者金融単独の判断でやっていますという言い方をして、はっきりと情報開示してくれなかったものです。銀行でも消費者金融でも、信用情報機関としてCIC利用しているということも、敢えて債務者に開示する義務もありませんでした。しかし、確かに段々と時代が変わってきた...

≫続きを読む

カードローンで任意整理

銀行のカードローンでも実際に支払い困難になる人がいます。そういう人が考えるものは任意整理です。しかし、任意整理、任意整理と言うものの任意整理にも少々問題があるようです。任意整理も債務整理を甘えさせる方法なのかもしれません。なぜなら、銀行、消費者金融から債務者は、しっかり利息のことも聞いてかつ同意して...

≫続きを読む

カードローンの多重債務

カードローンでもキャッシングでも多重債務になる人たちは一体どうして多情債務になってしまうのでしょうか。やっぱり、自分自身を反省していただきたいのです。実際に、どうしても多情債務にならざるを得なかった人たちもいます。しかし、多くの人たちは、借金に対して甘い考えを持っている人たちなのです。なぜ、次の借り...

≫続きを読む

四つの選択

総量規制の問題があり、年収の3分の1を超える借り入れが原則禁止となりました。それで困っているのは、消費者金融であり、債務者です。今まで何とか借り入れを繰り返しその場をやりくりしていた人たちは一体どういう方法で生き延びればいいのでしょうか。ここに四つの選択があります。一つは銀行系カードローンです。銀行...

≫続きを読む

個人再生か、任意整理か、破産か

個人再生、一方に任意整理があります。ここでは個人再生と任意整理違いを見ていきましょう。個人再生とは、裁判所に申し立てを行う手続きです。個人再生の方法をまだまだ理解出来ていない借金まみれになった人たちが多くいらっしゃるようです。ただし、裁判所に関わる問題なので、個人で手続きを取るよりも弁護士など専門分...

≫続きを読む

任意整理のメリットデメリット

任意整理が都合いいと思っている人たちも、任意整理のメリット、デメリットをしっかり知って欲しいと思います。今、借金まみれになった人たちが一番多く取っている方法が任意整理です。実際に任意整理が一番デメリットが少ない方法です。やっぱり任意整理は裁判所を通さないということが非常に都合いいです。任意整理なら第...

≫続きを読む

債務整理すれば会社にばれる?

債務整理をすれば就職活動に不利なのでしょうか。実際に、無職で債務整理を余儀なくされるケースもあります。債務整理でも、結局、支払い能力が0であれば、自己破産しか方法なしということです。自己破産で債務者は再起の方法を見つめていく訳です。まず就職活動です。しかし、自己破産したら就職活動に不利になるようなら...

≫続きを読む

カードローンを正しく使う

実際に、債務整理の方法に自己破産がある訳ですが、自己破産を抵抗持っている債務者もいるようです。昔気質の人たちほど、自己破産をすることによって、銀行に迷惑をかけるという意識を持っているのです。そして、債務者は言います。自己破産をしようと思ったけど、長い間銀行さんとはつきあって来た訳だし、今後も出来る範...

≫続きを読む

カードローンのここに審査が必要な理由

債務者には自己破産があります。今、実際に消費者金融ではこの自己破産問題が切実な大きな悩みなのです。今、消費者金融と倒壊寸前です。今、消費者金融は銀行の子会社化する傾向もある訳ですが、出来れば自立して消費者金融のあり方を実践していたとい思っているのです。しかし、消費者金融は脆弱で他力を利用しないと成立...

≫続きを読む

カードローンで若い世代の人たちが作った汚点は消えない

自己破産で借金はチャラ?自己破産を素晴らしいシステムと捉えている人たちもひょっとしたらいるかもしれません。散々借金まみれになった人たちを一瞬にして救ってくれるシステムです。自己破産になったら、自分の支払い易い金額で支払い続ける必要はありません。それを、チャラになったと捉える人たちもいます。実際に、何...

≫続きを読む

カードローンとナイフのようなもの

今、銀行が単独で積極的に和解を組んでいるのです。だから、延滞に対しただ逃げるというのではなくて、一度何か方法はないか銀行に直接相談してみるべきです。弁護士に相談して任意整理に至る以前、銀行と債務者のマンツーマンでいい方法が見つかるかもしれません。それが和解の発想です。銀行も生き残り作戦で必死なのです...

≫続きを読む

カードローンか闇金業者か

総量規制で借り入れ出来ない専業主婦も多くなったようです。だいたい、専業主婦は、夫に承認あればOKと言うものの、夫に内緒で借り入れしている人たちが多いのです。総量規制の問題で今更、借り入れ駄目と言われても・・・。専業主婦の中には、実際に借金をしているものの毎月毎月延滞なく返済を続けている人たちもいます...

≫続きを読む

キャッシングではなくカードローンを

カードローンの魅力はなんと言っても利息です。利息の問題を考えるなら銀行系のカードローンを選択するべきです。銀行系のカードローンの流れは、私達が必要している大型ローンからの流れです。私達の社会全体を形成している流れです。カードローンはその流れをしっかり継投しているから信用出来るのです。ここで敢えて消費...

≫続きを読む

フリーランスのカードローン審査は難しい?

フリーランスのカードローン審査は難しいと思っている人は多いです。審査の基準は各社でそれぞれあるわけですが、勤めている職業というのが審査に占めるポイントとして大きいです。一般企業に勤めている会社員や公務員の人に比べるとフリーランスで働いている人は収入が安定しない可能性があるので、審査では厳しくなる傾向...

≫続きを読む

フリーランスが収入を安定させるには

フリーランスで仕事をしている人は自分から営業をして仕事を獲得しない限り収入が入ってくることはないです。今回は収入を安定化させるための方法について紹介していきます。1つ目は一つ一つの仕事を迅速かつ丁寧に行うことです。1つの仕事をダラダラと長引かせて学生時代のように納期ギリギリになってやり始めて何とか終...

≫続きを読む

プロミスの自営者カードローン

プロミスの自営者カードローンは自営業者のためのカードローンです。自営業者と言えば審査が厳しいわけですが、なぜ自営業者のためのカードローンを販売したかというと、自営業者向けであれば総量規制の対象外なので、年収の1/3を超えた融資が可能になります。総量規制が適用されてからは一般向けには年収の1/3を超え...

≫続きを読む

プロミスフリーキャッシング

プロミスで販売しているローン商品の中でフリーキャッシングは代表的なローン商品になり、無担保無保証で利用できます。申し込み条件は年齢が20歳以上69歳以下になっており、安定した収入があれば学生や主婦、個人事業主であっても利用できます。申し込むときには運転免許証などの本人確認書類が必要になります。借入額...

≫続きを読む

個人事業主向けのカードローンとは

個人事業主は自分で仕事を選ぶことができますが、収入はなかなか安定しない傾向があります。成功すれば収入自体はどんどん上がっていきますが、場合によっては集住が激減するということもあるでしょう。そういう時に資金を補填するために金融機関からお金を借りなければいけないケースがあります。個人事業主とはいってもい...

≫続きを読む

総量規制とは

総量規制とは貸金業法改正により貸金業者から借りることができる額の総額に対して何らかの制限が設けられている規制のことです。具体的には、個人向け借入の総額が年収の1/3を超える場合新規の借入を行うことができません。例えば、年収が600万円で借入残高が170万円の場合、あと30万円しか借入を行うことができ...

≫続きを読む

フリーランスが選ぶべきカードローンは?

フリーランスであっても安定した収入があればカードローンの申し込みができて、審査に通って実際に利用することができます。ただし、フリーランスはたとえサラリーマンよりも年収が高かったとしても審査が通りにくいという風に言われています。審査で優先されることは安定した収入が得られることで、収入が高いということで...

≫続きを読む

モビットカードローン

モビットという会社は2000年に消費者金融のプロミスと信販会社のアプラス、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)の3社が共同出資して創設しました。その後アプラスが撤退し、プロミスの株式を三井住友銀行が所得したため、三菱UFJフィナンシャル・グループに属しながらも三井住友フィナンシャルグループが間接的に出資...

≫続きを読む

アコム ビジネスサポートカードローン

アコムのビジネスサポートカードローンは開業してから1年以上の個人事業主が対象で、最大300万円の貸し出しにまで対応しています。ただし、社員が1人であっても法人化しているのであれば、このローンの対象ではありません。審査を通れば即日融資も可能で、個人と違って個人事業主が対象になっていますので、年収の1/...

≫続きを読む

アイフル 事業サポートプラン

アイフルでは事業者向けの事業サポートプランという金融商品があります。この商品は無担保ローンと不動産担保ローンの2種類があります。前者の場合は無担保無保証で担保を差し出さなくても利用できるのに対し、後者の場合は不動産を担保にする代わりに、金利が安くなったり、貸し出しの上限が高くなっています。前者の場合...

≫続きを読む

生計費にも使えるフリーローン

個人事業主であれば事業用資金と生活費をまず分けましょう。うまく分けるのであれば、個人用の口座で生活費を賄うようにして、事業用の口座は銀行の普通預金でいいですので、それで事業用資金を賄うようにします。事業用資金と生活費を明確に区別できないともうけをきちんと把握できなくなりますし、計画的な生活設計ができ...

≫続きを読む

事業資金のみ使える専用ローン

個人事業主にとっては資金繰りの悩みは常にあるものです。運転資金やつなぎ資金、設備投資のための資金など急に資金が必要になることがあります。資金を早めに入れないと場合によっては倒産するということもあります。資金繰りの悩みを解消するために金利が安い公的融資や銀行融資を利用したいという風に考えている個人事業...

≫続きを読む

自営業者が使えるフリーローン

自営業者が使えるフリーローンは大きく分けて2つあります。1つ目は事業資金だけでなく生活費にも使うことができるように使い道が自由なフリーローンで、2つ目は事業資金のみに使えるフリーローンです。どちらを選ぶかというのは自営業者自身が金融商品の特徴などから見極めることになります。自営業者の借入はサラリーマ...

≫続きを読む