フリーランスカードローン

事前に準備するべきもの

収入証明が必要な場合もフリーランスの方は、サラリーマンと比較しても「信用力」が不足してしまう、という可能性があります。これは、審査会社などによっても違います。やはり一番ネックになるのは「安定した収入」があることをカード会社に示すことがポイントになります。この方法の一つとして「確定申告」の収入証明を添...

≫続きを読む

審査に落ちやすいフリーランスの共通点

収入が不安定と思われることカード会社にとって、一番の不安要素は「貸し倒れ」、つまり返済してもらえないことです。その最も多い原因は「収入が不安定になること」が原因の一つとなります。そのため、フリーランスの方であれば、収入が安定していないと審査で考えると大きなデメリットです。それが理由で審査が通過しない...

≫続きを読む

フリーランスは審査には不利?

中小企業よりも審査が厳しい場合もフリーランスはその仕事や給与などの報酬が一般の方と比較しても分かりにくく、そのため、カード会社の審査なども厳しく設定されてしまうことがあります。中小企業のカードの審査が一般的に半年程度で通過します。これに比べると、大手の信販会社になればなるほど審査の基準が厳しくなって...

≫続きを読む

審査に通過するポイント教えます

安定収入の証明をするカード会社の審査にフリーランスの方が通過するためには「安定した収入」があることを、十分に書類などで説明できるかということが大きなポイントになります。このあたりの証明が不十分ですと、カード会社にとっても審査の基準が難しくなってしまう傾向にあります。安定収入があることを証明するには、...

≫続きを読む

家族構成や離婚歴などは審査に響くか?

家族構成は審査にプラスになることも家族構成は、夫婦、子どもがいる、などの家庭の方が、当然ながらカード会社の審査にはプラスになります。これはカード会社にとって、家庭をもっている人は最終的に債務を放棄しない可能性が高い、という判断材料になるからです。また、実家に住んでいる方も同様です。家族とのトラブルに...

≫続きを読む

クレジットカードを持ってる人は有利?

過去の利用記録はプラスの材料になることもカード会社は基本的に、他のカード会社と情報を審査段階である程度共有しています。そのため、ある程度の限度額で毎月カードを使っていても、きっちりと返済している方にとっては審査情報が大きなプラスになることは間違いありません。そのため、過去にカードを使ったことがある方...

≫続きを読む

安定収入がある場合とそうでない場合の審査の違い

安定収入は大きな強みカード会社の審査で最も大きな審査の要素の1つが「安定収入があるということを対外的に証明できる」ということです。特にフリーランスの方の場合は、どのような仕事をしていて今後も安定して継続可能で収入が得られる見込みが高いということが審査の段階で大きなプラスとなります。そのため、その点に...

≫続きを読む

虚偽の申請内容はばれる?

ある程度なら記載内容は分からないことも多い申請内容であまり重要視されていないようなことは、記載内容が虚偽であっても、ほとんど審査に影響しないことも珍しくないので分からないこともあります。また、借り入れの「債務」に関しては、個人間で債務がある場合などはカード会社が情報として調べるには極めて困難なケース...

≫続きを読む

「フリーランス」と「自営業」通りやすいのはどっち?

フリーランスはネームバリューフリーランスが自営業者よりも有利になるのは、収入を得ている取引先が大手の会社など、ある程度のネームバリューがあり、信頼があると判断される時です。そのような情報がない場合、店舗を所有していない、財産として評価できるものがない、となるとフリーランスの方は立場が弱くなってしまう...

≫続きを読む

会社員の審査との違い

会社としての評価ポイントがないフリーランスの方の弱点は組織としての評価されるプラス要因がない、ということにあります。会社員の場合であれば「会社のネームバリュー」ということはかなりプラスの要素となります。これは、大手企業であることや、業績がよい企業、ある程度知名度がある企業であれば、給与体系などの体系...

≫続きを読む