クレジットカードを持ってる人は有利?

クレジットカードを持ってる人は有利?

過去の利用記録はプラスの材料になることも

 

カード会社は基本的に、他のカード会社と情報を審査段階である程度共有しています。そのため、ある程度の限度額で毎月カードを使っていても、きっちりと返済している方にとっては審査情報が大きなプラスになることは間違いありません。そのため、過去にカードを使ったことがある方にとっては、その利用情報がプラスになることを考えておくとよいでしょう。ただ、これは少なくともカードを作ってから1年程度は経過していることが条件になるため、最近カードを使ったという方はあまり影響しないことも多いようです。

 

過去の事故歴はマイナス要因に

 

カードの審査では、逆にマイナスになってしまう要素として、返済などが滞ったなどの記録がある場合です。この情報は他のカード会社と情報が共有されてしまうため、マイナスの要因として判断されてしまうことになります。小額かつ過去半年の中で1度程度であればそれほど影響しないこともありますが、決してプラスには影響しないからその点は十分にケアをされることをおすすめいたします。事故歴は基本的に五年間カード会社で共有されている、という傾向があります。過去に債務整理をしたことがある、自己破産をしたことがある、という場合には5年の経過を目途にカードの申請をすると良いでしょう。

 

枚数が多い方は総量規制の対象にも

 

カードを複数持っている方にとっては、逆に限度額を合計されてしまう時に「総量規制」に該当してしまい、不利益を受けるという可能性もあります。これはカード会社の条件がどのような内容になっているのかということを確認しなければなかなか判断できないところです。もし、一定の収入に対してかなり大きな金額のカードを複数枚所持している、ということがあれば注意してください。