審査に落ちやすいフリーランスの共通点

審査に落ちやすいフリーランスの共通点

収入が不安定と思われること

 

カード会社にとって、一番の不安要素は「貸し倒れ」、つまり返済してもらえないことです。その最も多い原因は「収入が不安定になること」が原因の一つとなります。そのため、フリーランスの方であれば、収入が安定していないと審査で考えると大きなデメリットです。それが理由で審査が通過しない、という可能性も十分にあります。この点は事前に、カード会社の審査でどの程度の金額や売上、利益を出していればを確認してください。その条件に合った会社に申し込むようにするなど、審査に通過しやすいのか、ということをチェックしておくようにすることをおすすめいたします。

 

書類内容があいまい

 

書類内容に関して、継続事業年数、住所、氏名などの記載欄が読みにくい、十分な説明をしていない、とされていると当然、カード会社の担当者も十分に審査をすることができません。これらの書類の内容に不備があると、どうしても審査で通過しにくい傾向にあります。そのような事が無いよう、きっちりと内容を記載して、的確に答えるようにすることをおすすめいたします。あいまいな記載内容になってしまうと、書類審査で落とされる可能性がありますので、フリーランスの方は、特に丁寧に記載することをおすすめします。

 

事業継続年数が短い

 

フリーランスの方が審査で落ちやすいポイントの一つは「事業継続年数」が短いことがあげられます。これはサラリーマンの方も同様なのですが、会社に勤務してから半年未満となると、それだけ定着しないのではないか、ということをカード会社に懸念材料に思われてしまいます。この事業継続年数が大きく影響するのは、現在のフリーランスの仕事から収入が得られないということが懸念材料なのです。結果的にカードの利用の返済で大きな不利益を受けてしまうのではないか、という懸念があるから、半年程度は事業を経過して書類を提出することをおすすめします。