安定収入がある場合とそうでない場合の審査の違い

安定収入がある場合とそうでない場合の審査の違い

安定収入は大きな強み

 

カード会社の審査で最も大きな審査の要素の1つが「安定収入があるということを対外的に証明できる」ということです。特にフリーランスの方の場合は、どのような仕事をしていて今後も安定して継続可能で収入が得られる見込みが高いということが審査の段階で大きなプラスとなります。そのため、その点に関しては意識されておくようにすることをおすすめいたします。安定収入は事業継続年数や取引先情報、取引先が複数にあり収入が大きいことなどがプラスの要素になります。その点は積極的に証明することをおすすめいたします。

 

収入が不安定な場合

 

フリーランスでも単発で仕事を受けている、という場合にはどうしても収入が不安定になってしまうことが多くあります。また、複数の仕事を季節や仕事の影響される立場で引き受けている場合は注意が必要です。毎年安定した収入が得られるのかということをカード会社に懸念されてしまうことがあります。そのため、安定した収入が得られるのかということに関しては不安定だと思われない事が重要です。今後の見込みなどでプラスになる要素がある場合には、その点を強調して収入の証明を図るようにしてください。

 

年数が短い場合には特に注意を

 

安定収入があるかということでカード会社に不安な要素として見られてしまうポイントとしては「事業の継続年数」が短いということにあります。これは、今後仕事を続けていくことが可能なのかという点で不安に思われてしまう可能性があります。その点は早めに克服できるようにしておくとよいでしょう。フリーランスの事業の継続年数が短い場合にはある程度の期間を経過してから書類を提出することをおすすめします。