フリーランスは審査には不利?

フリーランスは審査には不利?

中小企業よりも審査が厳しい場合も

 

フリーランスはその仕事や給与などの報酬が一般の方と比較しても分かりにくく、そのため、カード会社の審査なども厳しく設定されてしまうことがあります。中小企業のカードの審査が一般的に半年程度で通過します。これに比べると、大手の信販会社になればなるほど審査の基準が厳しくなってしまう、ということがあります。フリーランスの方はその点はある程度覚悟しておくことをおすすめします。もちろん、小額のカードでよければ、比較的審査も厳しくなく、通過する場合もございますので、よく確認をしておくことをおすすめいたします。

 

事業内容にも注目

 

フリーランスは事業内容を十分に説明できるか、ということが審査で大きなポイントになってしまうことがあります。これは、一般の会社のように「給与所得」と違い、どのような方法で給与を得ているのか、ということを十分にカード会社に説明できるか、ということになります。たとえば自営業の場合で、ラーメン店を経営している場合です。このケースでは店舗も所有しており、これは会社として信用が置ける、として一定の金額を借り入れやすくなる例でもあります。それに対して、あまり聞き慣れないフリーランスの事業ですと、カード会社としてもどのように審査して良いか判断材料がないため、厳しくなる傾向にあります。

 

信販会社を選ぶ

 

フリーランスは一般的にサラリーマンと比較しても審査内容が厳しくなってしまい、審査の通過や限度額に対しては不利になる可能性があります。そのため、フリーランスの方でも比較的審査に通過しやすい会社を選ぶようにすることをおすすめいたします。これは、カード会社を厳選して選ぶようにすれば、限度額もある程度獲得することができる場合もあります。