虚偽の申請内容はばれる?

虚偽の申請内容はばれる?

ある程度なら記載内容は分からないことも多い

 

申請内容であまり重要視されていないようなことは、記載内容が虚偽であっても、ほとんど審査に影響しないことも珍しくないので分からないこともあります。また、借り入れの「債務」に関しては、個人間で債務がある場合などはカード会社が情報として調べるには極めて困難なケースがほとんどです。そのため、記載内容の真偽はほとんど分からないままになってしまうことがあります。これらの情報については、一般常識程度で「記載しなくてもよい」と思うことであれば、そのままにしておくことも一つの方法です。

 

収入に関してのテクニック

 

フリーランスの方の収入は前年度の税務署の確定申告による収入証明が大きく影響することになります。税金の兼ね合いがあるため難しいところですが、ある程度の収入があり税金の支払いをしている書類があることは、そのまま審査でプラスに働くことになります。このあたりの情報については収入がどれくらいあればいいのか、カードを所有するメリットなども考慮してご本人が総合的な立場から考える必要があるでしょう。

 

虚偽の記載は「私文書偽造」になることも

 

カードの審査を通過させたいために、書類内容にどうしてもプラスになるだろうと思われる虚偽の記載をしてしまう場合があります。カード会社も金額を立て替え払いすることになるため、リスクを負っていることを考えると審査も慎重に行っています。虚偽の記載は書類の偽造として民事だけではなく刑事罰に問われるような可能性もあるため、十分に注意してください。すでにこのようなケースは全国で実例があるため、決して軽視すべきではありませんので、正しいことを記載するようにしてください。