家族構成や離婚歴などは審査に響くか?

家族構成や離婚歴などは審査に響くか?

家族構成は審査にプラスになることも

 

家族構成は、夫婦、子どもがいる、などの家庭の方が、当然ながらカード会社の審査にはプラスになります。これはカード会社にとって、家庭をもっている人は最終的に債務を放棄しない可能性が高い、という判断材料になるからです。また、実家に住んでいる方も同様です。家族とのトラブルにもなりやすい債務を放置しないだろうという考え方です。カード会社が審査するプラスの要素の1つとして家族構成がございますので、家庭を持っている人はカードローン審査でプラスとなることが多くあります。

 

離婚歴は審査には影響しないことが多い

 

離婚歴はプライベートな問題であるため、カード会社の審査に関しては判断材料とされないことも多くあります。しかし、注意しなければならないのは過去にカード会社の審査を受けたことがあるという場合です。以前記載した情報との矛盾が発生してしまうという可能性があることです。そうなると、提出書類の矛盾点から離婚したことが分かってしまうこともあり得ます。単身者は多少、既婚者よりも不利益に扱われる可能性がありますので、その点は十分に注意してください。

 

あまり家族構成で不安にならない

 

カードの審査は毎日、莫大な書類が送られてきます。その中で家族構成が大きなマイナス要素になることはそれほど多くありません。単身者である、または離婚歴がある、ということを極端に不安に感じることはないでしょう。それよりも、収入の証明や過去の債務の履歴、現在の仕事の安定性などが判断材料になることが多いです。その点に関して十分に証明ができるようにしておくと、カードローンの審査においてプラスに働くこともありますので、十分にケアをされておくことをおすすめします。