事前に準備するべきもの

事前に準備するべきもの

収入証明が必要な場合も

 

フリーランスの方は、サラリーマンと比較しても「信用力」が不足してしまう、という可能性があります。これは、審査会社などによっても違います。やはり一番ネックになるのは「安定した収入」があることをカード会社に示すことがポイントになります。この方法の一つとして「確定申告」の収入証明を添付する、ということをカード会社から求められてしまうことがあります。これは、税務署で毎年、手続きをしている方であればそれほど難しいことではありません。税務署からもらった収入証明を添付材料として提出することになります。

 

住民票などの書類

 

本人確認の書類も合わせてカードローンの審査の場合には求められてしまうことがあります。これには、一般的な書類としては「住民票」などが該当します。また、運転免許証、保険証など、生年月日、氏名、本人の顔写真が入っている身分証を求められることになります。これらの本人確認書類には2016年から運用が開始される「マイナンバー」も必要になってくる可能性があります。

 

信用を増すことが出来る銀行口座や取引実績

 

例えば、フリーランスといっても、個人事業主のように、小規模な仕事を受けながら生活している方もいます。それに対して、大手出版社から安定して仕事をもらっているフリーランスの業務委託契約などをしている方でいえばサラリーマンに近い感覚でみられることがあります。特にカードローンで一般の中堅会社の正社員と同様の待遇の審査を受けたいとと思っている方は「信用力」がポイントとなります。カード会社にとって「審査にプラス」になる材料を出来る限り書類などで用意するようにしておくと良いでしょう。取引会社の源泉徴収票などの添付がポイントです。また、場合によっては銀行口座などの記録などを自発的に開示するのはプラスに働くことがあります。