フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

フリーランスとして独立するには

フリーランスとして独立をして稼いでいくにはどんな要素が必要なのでしょうか。まず一番に挙げられるのは、独立した存在として企業などから仕事を依頼してもらえるだけの専門的な技術でしょう。例えばウェブデザイナーであれば、専門学校の学生や卒業したばかりの人と同じような技術レベルでは、とてもプロとして仕事を頼む気にはなれません。やはり、そういう人達と比べて何段かのステップを上がったような「ウデ」が求められます。フリーランスには単発の仕事で費用を支払うことになるので、クライアント側からはけっこうシビアに評価されると考えておいたほうがいいでしょう。

 

その他に絶対に必要になるのは、自分がやろうとする仕事に必要な設備や環境、道具などです。同じくウェブデザイナーとして考えれば、最低でもパソコンは必要になりますし、場合によっては仕事をするための専用の事務所か部屋を用意しなければいけないかもしれません。その他にもこまごまと必要な経費が仕事を始めようとするときにはかかるものなので、きちんと洗い出したうえで活動を開始したいですね。物理的に必要な要素を洗いだしたら、それらを準備するために必要な資金を考えなくてはいけません。先立つモノがなければ始まらないので、想定した額にまで預貯金が達していなければ、その分を稼ぐまでは独立を待った方がいいでしょう。

 

そして、準備が出来ていよいよ独立しようとするときに本当に必要になるのが他人との関係性です。仕事を持ってきてくれるのも、そういう顧客を紹介してくれるのも、あるいは他の形でなんらかの支援をしてくれるのも全て良好な関係にある他人であって、本当に自分ひとりではフリーランスとしてはやっていけません。自分の能力、物理的・経済的な準備、そしてビジネスにおいて良好な関係を保てる人間関係。フリーランスとして独立するには、これらの要素が必要だと言えます。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事