フリーランスとノマドの違い|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

フリーランスとノマドの違い

フリーランスという働き方が一般的になってくるのと同じように、ノマドワークという言葉も広くいろいろなところで聞かれるようになりました。どちらも、個人事業主やビジネスマンの仕事のありかたとして使われるのですが、それぞれどのような意味を持っているのでしょうか。

 

フリーランスとは、企業と個人が仕事のために交わす契約のひとつの形態だと言えるでしょう。正社員やアルバイトなどの雇用契約の場合は、個人は会社に所属する形で、期間や時間によって得られる報酬が決まってきます。月給や時給による給料計算が行われるということです。これに対してフリーランスとは、時間によって企業に縛られることなく、ひとつずつの業務ごとに契約を交わして、それを達成したらいくらの報酬を得るという働き方です。契約形態を表す表現なので仕事をする場所はいろいろなケースが考えられ、自宅で出来るものもあればクライアント企業に常駐して作業をする場合もあります。

 

一方、ノマドワークの定義はといえば、物理的な空間として働く場所を固定しない方法ということであり、自宅はもちろん、インターネットの環境が整ったカフェやファーストフード店、シェアオフィスなどを自由に活用していきます。仕事の内容によってはネット回線も不要であることもあって、なんらかのクリエイティブな仕事を大自然の中で行うという人も中には存在しています。

 

このように、契約形態として企業から独立した存在であるのがフリーランスであり、契約形態に関係なく仕事場所が自由であるのがノマドワークなので、フリーランスであってもノマドではないということもあるし、フリーランスではないけれども仕事の仕方はノマドだということもあり得ます。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事