仕事を引き受けすぎないことも大切|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

タスク管理はしっかりと

フリーランスをやっていると、いま受注している仕事がいつまで続くのか不安になることもあるかもしれません。継続性のある依頼を受けていたとしても、その永続性についての保証をクライアントがしてくれるわけがありません。したがって、割にあわない仕事でもないかぎりはできるだけ業務を請け負おうとするのがビジネスをやっていくうえでは自然なことです。

 

しかし、あまりたくさんの仕事を受けすぎないようにするということも、考え方として時には必要になってきます。仕事を受けすぎることのデメリットは、それだけ多くの時間を業務に割かなくてはいけなくなることであり、受ければ受けるほどプライベートの時間を削っていく結果になってしまいます。また、業務のスケジュールに余裕がなくなってしまうと、成果物の品質が落ちてしまったり、思わぬトラブルが発生したときに納期を守れなくなってしまう可能性も高くなり、クライアントに迷惑をかける事態にもなりかねません。そうしたことが無いようにするためにも、自分の理想的な仕事のペースを早めに把握をして、抱えるタスクの量はほどほどになるようにコントロールしましょう。

 

これはサラリーマンであっても同じことが言えるのかもしれませんが、フリーランスとして長くビジネスを続けていくためには、常に新しい情報に対してのアンテナを張って勉強をしていく姿勢も大切です。しかし、あまりにたくさんの依頼を受けてしまって次につながる勉強をする時間を失ってしまっては、結局は継続的なビジネスをしていけなくなるかもしれません。そんなことにならないようにするためにも、やはり自分自身が継続的にこなせる業務の量をきちんと定めておき、適量の仕事で効率的に仕事ができるようにしておきます。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事