自宅で仕事をする|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

メリハリをつけることができればメリットは多い

フリーランスとしての仕事を自宅することのメリットはなんといっても自分の自由になる範囲が大きいということでしょう。早朝であれ深夜であれ、好きな時間に好きなだけ仕事ができ、作業場所のレイアウトや内装も、自分の好きなように演出できます。また、子育てと両立したい人や家族の介護に時間を割かなければいけない人にとっても自宅が仕事場になることのメリットは計り知れません。職場までの移動時間が発生しないのもいいですね。

 

経済的な事情を考えれば、自宅であればプラスアルファの出費がないということも魅力的です。これまで生活していた空間の一部を仕事場に当てるだけなので、不動産にかかる費用をゼロとしてビジネスを始めることが出来ます。また、賃貸物件であれば、仕事に使っている部分の面積比率に比例して家賃を経費に計上もできるので、捉え方によっては生活のための家賃を仮想的に安くするような効果も得られます。

 

一方で、自宅が仕事場になることにはデメリットもあり、まずプライベートとの境目が曖昧になるので、生活の中でのメリハリが無くなることが挙げられます。プライベートの時間に仕事が食い込んでしまうこともあるでしょうし、逆に、生活感のある空間なために油断してしまって仕事に対してすぐに楽をしてしまうかもしれません。女性の場合や子供が一緒に住んでいるときには、名刺などに住所地を記載するのがリスクになることもあり、必ずしも良いことばかりではないというのが実情です。とはいえ、時間や経済的なメリットはやはり大きいので、なるべく出費を抑えたいのであれば、デメリットも十分に考慮しつつ自宅で仕事をすることも、フリーランスでビジネスをする人にとっての特権であると言えるのかもしれません。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事