法人と個人事業の違い|フリーランスのカードローン審査

フリーで働くのか、法人を立ち上げるのか

なんらかの事業を始めようとするときには、個人事業で行くのか、それとも法人を立ち上げるのかを判断することになります。単純に資金面で、少ない場合は個人にしておいて、事業が大きくなったら法人にするという人も多く見受けられますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、あらかじめ把握をしておいた方がいいでしょう。選択を誤ると、無駄な出費や手間が発生してしまうかもしれません。

 

個人事業のメリットで最初に思いつくのはやはり資金面での気楽さです。小さな金額で手軽に開始することが出来ますし、ビジネスモデルによっては既に持っている設備や備品だけで起業するこも不可能ではありません。最初の手続きが簡素であるのも魅力だといえるでしょうし、法人の場合では一般的に税理士などに依頼する帳簿や経理の業務についても、個人事業なら自分でやることが無理ではありません。専門家に委託するための費用も馬鹿にはならないと考えるのであれば、個人事業主であることを選択するほうが良いといえます。

 

一方で、法人であれば得られるメリットには、資金と人材の確保のしやすさが挙げられます。これらは世間的な信用度の違いということに集約することも出来ますが、金融機関から融資が受けやすいことや求人に対しての応募が来やすいことなどがあるでしょう。自分が働く側になったときを想像すれば分かりやすいかもしれませんが、同じ働くということならば、なんとなく自営業のお店よりも法人化された会社の方が安心感が得られますから。逆に言えば、自分1人でやっていけるような事業内容であれば、法人化する必要性が低くなると言えます。事業内容によってどちらにメリットがあるのかが異なるので、事前にしっかりしたプランニングを怠らないようsにしましょう。

関連ページ

フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事