法人化のメリット・デメリット|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

法人化のいいところ、悪いところは?

フリーランスとして仕事をする人であっても、あるていどのビジネス規模になってくれば法人化を考えた方が良い場合があります。法人化をするにあたってのメリットにはいくつかありますが、一番によく言われているのが社会的な信用が得やすくなるということです。信用が得やすいということは、広告や宣伝をするときにはブランド力となって顧客が得やすくなりますし、求人をする場合にも応募してくる人数に大きな違いが出ることが珍しくはありません。金融機関からの借入れの際には審査が通りやすいというのも事実ですし、業務の受注に関しても契約まで結びつきやすいのは個人よりも法人です。

 

また、個人事業主は国民年金と国民健康保険に加入することになっていますが、法人を立ち上げてそこから報酬をもらう存在になれば、経営者もその家族も会社として加入する社会保険に入れます。これによって保険料の節約や受けられる保証を手厚いものにできるので、生活の安全ということを考えると得られるメリットは大きいです。

 

反対に、法人化することで発生するデメリットももちろんあって、それは一言でいえば手間とお金がかかってしまうということです。まず会社として登記するためには最低でも20万円の費用と手間がかかりますし、よく0円でも株式会社が作れると言われていますがそれは法律上の理論的にはという話であって、実際問題としては一定額以上の資本金が必要です。また、領収書や帳簿の管理にも手間がかかるようになるし、赤字であっても地方法人税は均等割で発生します。通常は個人事業主から法人化すると国税当局のチェックが入りやすくなるとも言われているので、やはりある程度のビジネスの拡大と継続性が見込めるような段階になってはじめて法人化のメリットが生かされてくるのだと言えるでしょう。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事