フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

一般的な企業の業務全てを一人でやる

フリーランスになると、自分がやっているビジネスに関する全てのことを自分でやらなくてはいけなくなります。会社員であれば職種や部署によって業務の分担が行われて、専門的な知識を持ったタスクだけをやっていればいいということが多いのですが、独立した事業者であればそうもいきません。

 

どんなことを自分でやらなくてはいけないかといえば、それは一般の会社の中にある業務の全てであり、単に金額の規模が変わっただけで中身はフリーランスになっても変わりません。見込み顧客に対して自分の存在をアピールするための宣伝や営業の活動、業務を受注するための見積書や契約書の作成、無事に案件やプロジェクトを終えて納品した後には請求書の発行などが待っています。内部的には帳簿の記録を行って会計的な事柄の管理をする必要がありますし、個人事業主であっても会社を起こしているのであっても年に1度の決算処理を行って利益を確定させなくてはいけません。細かい事務作業でいえば預金口座の残高確認やお金の出し入れ、ちょっとした備品の購入や光熱費などの支払いなど、挙げていけばきりがないほどいろいろと考えつくのではないでしょうか。

 

例えば帳簿に関する作業や宣伝・営業活動などを専門の業者に委託するということも考えられます。しかし、それであっても委託先の専門家に丸投げで任せてしまっては自分のビジネスの把握ができなくなってしまうので、好ましいものではありません。ある程度のタスクを他者に委託をしたとしても、当然ながらその責任は自分にあるわけなので、やはり一定ていどは確認などの作業が発生します。自身の業務に関することは基本的に全てやるのだという心構えはフリーランスにとって必要なものだと言えるでしょう。