フリーランスにとっての自由な時間とは|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

プライベートな時間のすごし方

フリーランスにとって自由な時間について考えてみると、一般的にそれはビジネスから離れたプライベートな時間になるでしょう。抱えている案件が片付いたあと、次の仕事にかかる前に得られる休日か、プロジェクトやタスクに余裕があるときに設けられる余暇の時間といったところでしょうか。時間のコントロールが自分の責任の範囲で自由になるというのが独立開業することの魅力ですが、受注する仕事の内容やクライアントの都合によってはなかなかうまくいかないこともあり得ます。それでも、こちらの事情をうまく相手に伝えたり、あるいは逆に黙っておくことによって、プライベートな時間をきちんと確保することもできないわけではありません。

 

フリーランスで働く人が仕事を離れたプライベートな時間に何をするのかといえば、家事などの生活に必要なことを除けば、それぞれが趣味としていることに没頭するか、パートナーや友人などと遊びに出かけるか、家族と一緒にレクリエーションをするなど、これは会社員として働く人たちと変わるものではありません。しかし、ひょっとしたら次の案件のために図書館や書店に出かけて新たな勉強のための時間に当てるということもあるかもしれません。

 

そもそも、自分のやりたい仕事内容をビジネスとして独立するのがフリーランスの醍醐味であり、もちろんそうではないという人もいるはずですが、仕事と趣味があまり分けられないという人もいるでしょう。そういう人にとって自由な時間とは、自分の好きなときに、好きな仕事を、好きなだけできることを言うのであって、ビジネスとプライベートを分けることがナンセンスなのかもしれませんね。フリーランスという働き方をしている人にとっては、仕事をしている時間すらも、ある意味では自由な時間だと言えるでしょう。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事