フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

フリーランスの厳しさ

フリーランスとして独立した多くの人が直面する厳しさは、収入が不安定になることと、なかなか思うように仕事が得られなくなることかもしれません。ライターやデザイナー、プログラマーなどの多くはクライアントからの発注があってはじめて仕事が開始されます。サラリーマンであれば、極端な場合は仕事がなくても雇用契約が維持されていれば収入になりますが、独立した存在ではそういうわけにはいきません。

 

仕事を依頼されるためには、自分の存在をアピールして顧客に役立つ提案をしなくてはいけませんが、その為のプレゼンテーションがうまくいったとしても相手側の事情によって仕事がもらえるかどうかは変わってきます。順調に依頼内容をこなし、納品した成果物が高い評価を得ていたとしてもクライアント企業の経済的な事情からいきなり契約が打ち切りになるということは決して珍しい出来事ではありませんし、競合となる存在が自分より安い料金で提案をしてくることによって乗り換えられるということも考えられます。同じ仕事をする業界として考えるとあまり報酬を安く設定するのは全体の為にはなりませんから、これは難しい問題です。

 

また、収入の増減は月ごとにも起きますし、年によっても差が大きく開いてしまうこともあります。地方税は前年の収入から算定されるので、ある年に大きく稼ぎすぎた場合には、翌年の納税に苦労をするかもしれません。所得税の累進性も考えて、収入が大きくなった年の年末は仕事をセーブするという話もなくはないです。自分でしっかりアピールして仕事を取ってこなくてはいけないけれども、他人の事情で仕事が無くなることもある。そしてデコボコした収入の増減にも対応しなくてはいけないということがフリーランスであることの厳しさなんだと言えるでしょう。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事