個人事業主として事業をするメリットとデメリット|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

自由度と信用度

独立したフリーランスとして自分のビジネスをやっていく中で、個人事業主としてやっていくのかそれとも法人を立ち上げるのかは、人によって選択が異なる事柄です。個人事業主として起業するほうが一般的には最初の費用や手間がかからず気軽に出来ますが、その他にもメリットがあり、またデメリットも存在します。

 

個人事業主であることのメリットは、起業時にいろいろと気軽であるということの他に、帳簿の記録などが簡単で自由度が高いという点も上げられます。法人になると記載の仕方などに守らなくてはいけないルールが増えるのですが、個人事業であれば項目名などもかなり自由に自分で設定できるので、いったん決めたものは継続して守らなくてはいけませんが、難しいことを覚えなくてよいので楽に管理ができるはずです。簿記の知識が不足する人が法人を立ち上げた後で税理士などに帳簿を任せることが多いのはこれが理由になっていて、当然そのための費用がかからないということも個人事業主のメリットだと言えます。また、いざ仕事がなくなって事業を畳むというときにの手続きなども、個人事業主なら手間がかかりません。

 

逆にデメリットとなることもあり、それは社会的な信頼度が法人に比べて低いということです。会社によっては法人でない個人事業主との取引きを敬遠するところもありますし、追加の資金が必要になったときにも金融機関からの融資が個人では受けにくいということもあります。また、仕事が増えて人を雇わなくてはいけなくなったときにも、法人になっていないと応募してくる絶対数が少なくなってしまうこともあり、いろいろな面で世間の人達は個人事業主よりも法人になっている存在を信用することが分かります。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事