フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

フリーランスの年収

フリーランスとして働いて得られる年収は、仕事の内容や働き方によって大きな差があります。このギャップがあるということ自体がフリーランスの魅力だと考えることもできて、少々忙しいことなどは苦にならないという人であれば、職種によって年収800万円から1000万円というのも可能です。一方で、統計的な数字としては100万円前後の人もいたりして、こいう人は主婦業の傍らで仕事をしているようなタイプなのかもしれません。

 

フリーランスとして最も稼げるような人達の多くは、効率よく収入を得られるような「仕組み」を作っています。現代においてこれが作りやすいのは、ウェブプログラマーか、もしくは講師業などをメインとして情報商材を生み出している人達でしょう。ウェブプログラマーの場合は、世の中で必要とされるビジネスのマッチング実現するウェブサービスを提供したり、誰かが何かを販売するためのプラットフォームを作ったりし、うまく稼働していけば一定の収入が自動的に入ってくるようになります。情報商材を作れる人は、人の役に立つようなノウハウをコンテンツとしてまとめて上げて、インターネットによる情報発信をうまく活用してそれを販売します。情報コンテンツは作ってしまえばあとは経費がゼロに近づくので、効率のよいビジネスだと言えるかもしれません。中には1000万円以上を売り上げる人もいます。

 

そんな特殊な業種ではなく、デザイナーなどのようにひとつずつの仕事の依頼を受けてこなしていくような場合は、サラリーマンと比較してもそれほど多くの稼ぎにはならないようです。また、多い時には月間で100万円ほどの収入になることもあれば、依頼がなくなってほとんど収入のない時期も考えられます。努力と工夫しだいでは雇われるよりも多くの収入が得られますが、ただ単に自由を求めて楽をしようとすると思わぬ苦労をするかもしれません。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事