フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

フリーランスデザイナーのポートフォリオ

フリーランスとして仕事をする人達のなかにはいろいろな職種の人がいますが、代表的なもののひとつにデザイナーが挙げられます。デザイナーといってもさらに細かな分類があって、工業製品やインテリアのデザインから、ポスターやチラシなどの印刷物、近年でなじみのあるものになったウェブページのデザインなどがあり、それぞれ独自の専門技術を習得した人がその腕を生かして活躍しています。

 

フリーランスのデザイナーにとっては、自分がどのようなデザインが得意であって、どんな仕事なら引き受けることが出来るのかをアピールすることは、仕事の受注に直結するような重大事項です。しかし、成果物は視覚的に訴えるものが中心になるので、それを文章や口頭での説明だけでは伝えられるはずがなく、ポートフォリオと呼ばれる作品集のような形で用意しておくことになります。ポートフォリオは、なるべくいろいろなパターンで自分の作品をファイリングしておき、自分の技術に対して興味を持ってくれた人に見てもらうものです。したがって、作品そのものが確認できるようにしてあるのはもちろん、それについての説明を文章で添えておくようにすると見てくれる人にとって親切だと言え、自分の仕事をよりよく分かってもらえます。

 

ウェブデザイナーはもちろん、それ以外のデザイナーも近年ではポートフォリオをウェブサイトで用意することが多くなりました。名刺にそのサイトのアドレスを書いておいたりQRコードを載せておけば、忙しい取引先の人に都合のよいときに確認してもらえるように伝えることも可能です。また、ネット上の検索からたまたま自分を発見してもらえる可能性もあるので、フリーランスのデザイナーにとってウェブ上のポートフォリオは必要不可欠なものになっています。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事