レンタルオフィスで仕事をする|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

費用を抑えて仕事の拠点を得られる

自宅でフリーランスとして活動できるのであれば、コストも抑えられて便利ではないかと思わるのですが、さまざまな事情がってそうもいかないケースも考えられます。名刺に自宅の住所を書くことがセキュリティ上の問題で心配になるとか、仕事で出かける用が多くあるがそのときの拠点として自宅では不便であるとか、そもそも自宅には仕事に使えるスペースが無いなど、さまざまな理由が考えられます。しかし、自宅とは別に事務所を構えるとなると家賃のほかに設備費用などが多くかかり、光熱費や通信費なども必要になるのでためらわれてしまうという場合もあるでしょう。そんなフリーランスの人達にとって便利なのがレンタルオフィスと呼ばれる施設やサービスです。

 

レンタルオフィスは仕事用の事務所として必要ないろいろな設備があらかじめ用意された貸事務所スペースで、机や椅子などの事務作業に必要な備品のほかにも、インターネット回線が無料で使えたり、FAXやコピー機なども設置されていたりして、空っぽの物件を借りて自分でその中を整えるのと比べてはるかに低料金で事務所が持てます。また、1人事務所として最低限の広さになる机と椅子が置いてあるだけの小さな空間で仕切った貸し出しもあり、フリーランスで活躍する人でレンタルオフィスを活用する人はけっこう多くいるようです。

 

単なる空間としての貸し出しだけではなく、電話の取次ぎや受付窓口としての機能を提供してくれるものもあり、来客時に使える共有の接客スペースが用意されている場合もあります。月極の契約以外に時間単位で借りられるものもあり、また、自治体がベンチャー向けに貸し出している物件は民間が運営するものより低料金だったりもして、起業したばかりで費用をかけられないフリーランスにとっては大変魅力的なサービスです。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事