シェアオフィスで仕事をする|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

交流がうまれるシェアオフィス

レンタルオフィスは単に場所を借りられるサービスですが、これと似たシェアオフィスというものはちょっと趣が違っています。フリーランスで活動する人達が時間や期間の単位で事務所として使えるのは同じなのですが、シェアオフィスの場合は、復数の人達で大きめのスペースを共同で借りるようなイメージになります。したがって、空間を専有する度合いはもう少しゆるやかになり、はっきりと床から天井までの仕切りのようなものが無いのが一般的です。場合によっては共用で使う大きなテーブルがいくつかあって、仕切りがまったく無いということもあります。

 

シェアオフィスであれば、これが目的のひとつでもあるのですが、一緒にスペースを使っている人達どうしで交流が生まれるというメリットがあります。交流が出来ればお互いにどんな仕事をしているのか詳しく知ることもでき、案件ごとに必要なメンバーどうしでプロジェクトチームを組んで共同で作業にあたることも出来ます。1人ではなかなかこなせないような大きめの案件の受注が可能にもなり、仕事の幅が広がって、それが収益の増大にも寄与します。当然、設備や備品を一緒に使える分だけコストも削減できるので収入を増やすだけではなく支出を抑えられるという効果も期待できるでしょう。ちょっとした会話の中から1人では思いつかない事業のアイデアが生まれてくるかもしれません。

 

ただし、空間の仕切りが曖昧であることが多いので、情報セキュリティの観点からは少し注意が必要です。自分だけが対応している顧客の情報は他人に見せてはいけない事柄を含むこともあり、仕事上の信頼を失わないためにも、パソコンや書類の管理についてはお互いに一線を引くようにして、出来れば機密情報などはその場に持ち込まないようにしたいです。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスの収入について
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事