フリーランスの収入について|フリーランスのカードローン審査【持つべき1枚はこれだ】

自分の実力次第で収入も多くなる

会社を辞めて、フリーランスとして働く方が多いのですが、フリーランスの収入はすべて自分の力次第です。
会社員時代よりも収入が上がった人やがくっと下がった人など様々です。
フリーランスでも様々な職種があり、細かい収入も違いがあります。フリーランスは会社員のように決して安定しているとは言えません。
仕事の具合によって月収が不安定になってしまい、その月は稼げたとしても翌月は稼ぐことができなかったというケースも多いのです。
フリーランスを始めてから1年は不安定な日々が続くと考えて下さい。始めてからすぐに軌道にのった人はいません。
今現在でも長くフリーランスを続けている人のほとんどは、1年以上経過してからやっと収入に安定の兆しが見えたという方が結構多いです。
フリーランスの収入は人それぞれですが、月数万円〜数十万円とかなり波があります。安定すれば毎月20万円以上は稼ぐことができます。実際に稼いでいる人は、年収が800万円〜1,000万円という人もいます。
フリーランスで年収1,000万円というのはなかなかいないので、非常に稀なケースです。
平均的な年収は、300万円〜400万円ほどとなっています。しかし、それは安定しているケースであり、フリーランスの収入は非常に波があるものとなっているので月に数万円しか稼ぐことができないこともあるという事を知っておいて下さい。
まずは、小さい金額から毎月安定したお金を稼ぐことができるように目標を立てていくようにすると良いです。少なめに設定した額がクリアできれば、徐々に額を増やしていき、様々な仕事にチャレンジしてみましょう。
仕事が安定するということは、収入も安定するということなので、月10万円を確実に長く稼ぐことができれば安定していると言えます。

関連ページ

法人と個人事業の違い
フリーランスとノマドの違い
フリーランスデザイナーのポートフォリオ
フリーランスのウェブサイト
フリーランスとして独立するには
フリーランスの年収
フリーランスの厳しさ
フリーランスの時間の管理の難しさ
クラウドワークスについて
ランサーズについて
フリーランスで働く人のSNS活用術
フリーランスの名刺のポイント
フリーランスのお金
個人事業主として事業をするメリットとデメリット
法人を設立して事業をするメリットとデメリット
フリーランスが法人化を視野に入れるタイミング
フリーランスの方は、カードローンの審査に比較的通りにくいと言われています。自営業者や個人事業主として活躍している方。これから起業する方が申し込むべきカードローンの審査のポイント教えます。
法人化のメリット・デメリット
レンタルオフィスで仕事をする
シェアオフィスで仕事をする
自宅で仕事をする
フリーランスという働き方
フリーランスが多い職種
フリーランスにとっての自由な時間とは
フリーランスは業務に関わる全てのことを自分でやらなければいけない
仕事が多い時、少ない時のギャップ
仕事を引き受けすぎないことも大切
仕事がない時はどうするべきか
フリーランスの仕事